今日も晴天でしたね。

 

天気が良いと気持ちが良いです。ここ2,3日はお絵描きをお休みして、図書館で借りて来た『光とともに。。。』を読んでいました。

15巻あったので一気には借りれず、2回にわけて借りてきました。

なかなか読み応えがあり、凄く思いやりと仏様のようなお母さんが奮闘するお話しで、ぜったい自分には出来ないな。。。。。と感心するばかりでした。

以前に短期の知的障害児のお世話をするアルバイトをしたのですけど、この本を読んでから行けば、もっと上手に接することが出来たなぁと反省するばかり、なかなか難しいですね。それにプラス、私も結局は軽度精神遅滞だから、知的障害に入ってますが、なかなかIQの考え方は難しいですね。しかも40代になってから診断されているのだから、学生の時や以前他の仕事をしていた人達に会ったら、絶対診断ミスだよとか、あなたが知的障害だったら、私もそうだよ?とか、いろんな意味で責められそうで、人に言えない。今は過去の知り合いとは、連絡とってないです。。。その方が責められないし、身体の傷のことも聞かれないですむし。。。。今の自分にとって人間関係はただ怖いだけです。あっいつのまにか、自分の話になって話しがズレてますね。。。ふふふっ

軌道修正します。。。。

『光とともに。。。』は、自分的には、仏様のようなお母さんとお父さんが奮闘するのが、とても羨ましかったです。私は、小学2年生の時の算数の時間に、自分が他の人と違って、理解出来ないと自覚しました。それからは、算数の文章問題がまったくわからず、それ以降、計算問題だけで点数を稼いで、20点30点なのでいつも通信簿は2とか3。。。。。いつも怒られていました。親によく文章を読めばわかるといわれたのですが、いやさっぱりわからないのです。。。これが。。。。不思議と。。。。

理科も全く。。。。わからず。。。。。?????って感じですね。。(苦笑)

いつも他の人にわかるのに、自分だけわからなくて、恥ずかしい思いばかりしていました。この本の療育というのを受けることができる人は、自分的にはですが、ある意味羨ましかったです。あっ結局自分の話しにもっていってる。。。(苦笑)

仏様のお母さんが、工夫に工夫を重ねて、聞くことが苦手なら見ることで克服してあげる小まめな優しさが子供の障碍の負担をある程度軽くして、他の健常者と暮らしやすくしている姿はなるほど。。。。。とうなずくばかり。。。。

私もワーキングメモリがすごく少ないので、聞くことが苦手な人なのですが、目に見えるようにするというのは、すごく役に立ちます。なぜなら、私もある意味メモ魔というか、自分にわかりやすいようにお買い物でもメモを持って買い物してます。でないと、困ることが多いのです。。。

たぶん、図書館にこのマンガの本は置いてあると思うので、また気になった方は、読んで見てください。なかなか面白い?といってはいけないのかな?深い愛情のお話しだと思います。

 

 

光とともに…全15巻 完結セット

光とともに…全15巻 完結セット

 

 

 

 

 

f:id:enpitsuhr2m:20190810214730j:image

 

では、おやすみなさい。